二日酔い

【二日酔い対策】最強の生薬、高麗人参は本当に効く?種類と有効成分について徹底解説

二日酔いに効果的と言われているクルクミン(ウコンに含まれる成分)、オルニチン(しじみ、きのこ類に多く含まれる成分)についてそれぞれ解説しましたが、効果的と言われている食材がもう一つ。

それが「高麗人参」です。

二日酔いというよりは漢方のようなイメージが強い高麗人参ですが、二日酔いに本当に効果的なのか検証していきます。

【新事実】ウコンは二日酔いに効かない?最新の研究結果とその効果を徹底解説ウコンは二日酔いに効果があるのか、効果がないのか。長年行われてきたそんな議論についに決着。含有成分の紹介から、最新研究結果も踏まえて解説します。...
【二日酔い予防】オルニチンが効果抜群。最も多く含まれるのはまさかのあの食材だった!?二日酔いに効果的だと言われる「オルニチン」は翌朝摂取しても意味がない?二日酔い予防に効果を発揮するタイミングを解説。しじみの10倍「オルニチン」を含む食材はきのこだった?...

 

高麗人参とは

基本情報

日本ではオタネニンジンや朝鮮人参とも呼ばれるウコギ科の多年生植物で、中国北東部や朝鮮半島が原産と言われています。

栽培が難しいことで有名で、栽培年数によって1年根から6年根までの等級に分かれています。

3年根以上にならないと高麗人参としての有用性は期待できず、栽培から6年経過した6年根が最も効果が高く重宝されることが多いと言われています。

種類

高麗人参は収穫してからの過程によって3種に分けられます。

・水参(すいじん)
畑で収穫した生の高麗人参そのままの姿

・白参(はくじん)
収穫後にそのまま、あるいは表皮を剝いだ上で日光乾燥、熱風乾燥したもの

紅参(こうじん)
収穫後に表皮を剥ぐことなくそのまま蒸気で蒸し、さらにその後水分14%以下になるまで乾燥させたもの

この3種のうち、一般的に効果があると言われているのは紅参のみでその過程によって有効成分が増幅するという研究結果があります。

次に、この紅参に含まれる有効成分を見ていきましょう。

 

有効成分は?

サポニン

高麗人参の有効成分の代表となるものが人参サポニンと呼ばれている成分です。

高麗人参に含まれるサポニンは別名ギンセノシドと呼ばれており、水に溶かして振ると石鹸のように泡立つ変わった性質を持っています。

このギンセノシドという成分は、高麗人参の皮を剥がさずに蒸気で蒸し自然乾燥させる過程で種類が増えることがわかっており、最大30種類以上が確認されています(ギンセノシドRa、Rb1,Rb2,Rb3,Rc,Rd,Re,Rf,Rg1,Rg2,Rg3,Rh1等)。

その他

その他にもビタミンやミネラル等が豊富に含まれますが、高麗人参はなんといっても前述のサポニンによる効果が大きい食材です。

 

期待される効果

30種を超えるジンセノシドはその中でもPD系(プロトパナキンジオール系サポニン)とPT系(プロトパナキントリオール系サポニン)、OA系(オレアニック酸系サポニン)の3種に分けられます。

中枢神経に抑制的に働き末梢神経を拡張することによりリラックス効果があると言われるPD系と、中枢神経に興奮的に作用することで血管を収縮し活力を生み出す働きのPT系がバランスよく体内で働き、心と身体の状態を正常に保つと言われています。

主な効能・効果には疲労回復,滋養強壮,病中病後の体力回復,虚弱体質の改善,低血圧症の改善,性機能の回復,皮膚病の改善,風邪予防,血流改善,抗酸化,がん,糖尿病の予防,更年期障害の緩和など。

血流改善や滋養強壮といった効果から、二日酔いにも一定の効果が期待できそうですね。

 

まとめ

  • 高麗人参は古くから存在し、中国北東部か朝鮮半島が原産
  • 栽培年数によって等級が変わる
  • 乾燥過程によって呼び名が変わる
  • ジンセノシドと呼ばれる高麗人参特有の有効成分が含まれている
  • 二日酔いだけでなく、疲労回復や滋養強壮等その効果は多岐にわたる

 

最後に

いかがでしたか?

今回は身体にいいと言われている高麗人参について解説しました。高価なイメージがありますが、等級によってかなり値段が変わるので注意してくださいね!

 

弊社、株式会社skiniiは「貼るサプリメント」の企画・販売をしています。ウコン、オルニチン、高麗人参が配合され、【貼るウコン】とも呼ばれている「貼るだけパッチ」は完全国内生産。詳細は下記URLより御確認下さい!

また、本商品の卸販売のご依頼、その他経皮吸収に特化した化粧品やサプリメント、アパレル製品のご相談は下記よりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ